1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. レストランウェディング
  4. レストランウェディングに初めて参加!男性・女性が着るべき服装は?

レストランウェディングに初めて参加!男性・女性が着るべき服装は?

ある日ポストを開けたら、レストランウェディングの招待状が。
今まで出席したことのあるお式とどう違うの?何を着ていけばいいの?思わず不安になってしまった方はぜひご一読ください。

レストランウェディングとは?

レストランウェディングとは?

レストランウェディングとは、普段はレストランとして営業している店舗を貸し切って行われる挙式や披露宴のことを言います。
料理の味やメニューの細かいリクエストにも応えてもらえる点、会場のレイアウトを自分たち好みに設定できる点、招待客ひとり一人に目が行き届きやすい点、比較的リーズナブルに挙式ができる点などから多くのカップルの支持を集め、近年人気上昇中のウェディングスタイルです。
肩肘を張らずに美味しい食事を楽しめて新郎・新婦との交流もしやすいので、緊張して料理が喉を通らない・気後れして高砂には足を向けにくい…というゲストにとっても嬉しい形式と言えそうです。

ぐるなびウエディングでレストランウェディングプランを探そう!

レストランウェディングに着ていくべき服装は?

お店の貸し切りによって、プライベートでアットホームな空間を楽しむことができるレストランウェディング。でも、どんな服を着て参加すればよいのかということについて悩んでしまう人も少なくありません。

レストランウェディングに適した服装とは具体的にどのようなものか、男女別にご紹介します。

<男性の場合>

本格的な式場やホテルで行われる披露宴に出席するかしこまった装いに比べると、男性がレストランウェディングに着て行ける服装の幅は少し広がります。

とはいえ、覚えておかなければいけないのが“結婚式に出席する男性の服装マナーの基本はスーツスタイルである”ということ。中でも招待客としてふさわしいのは、略礼装と呼ばれる「ブラックもしくはダークカラーのスーツ+白シャツ+黒靴」という組み合わせです。明るい色味や派手な柄をしたスーツ、ビジネススーツ、奇抜な色のシャツや靴などは不向きですので気を付けてください。

どうしてもお洒落を楽しみたいという人は、ネクタイを光沢のある素材にしたり、カフスボタンやポケットチーフにこだわったり、ポイントでファッション性を取り入れる程度に留めておきましょう。

<女性の場合>

男性と同様、略礼装でOK。女性の場合はスーツスタイルに限らず、無地のワンピースにストールやボレロ、ジャケットなどを合わせても略礼装とみなされます。お式・披露宴の時間帯が昼間であれば、服やアクセサリーは光沢の強すぎないものをチョイスするのが正解です。

反対に、夜のウェディングにはぜひ華やかなコーディネートで。洋服・バッグの素材やアクセサリーなどでイブニング感を演出してみましょう(尚、いずれの場合も素足やかかとの出る靴は避けてください)。

和装での出席も、もちろんマナー違反にはなりません。しかし、レストランウェディングはコンパクトな会場で催されることが多いため、帯や袖が場所を取ってしまったり動きにくさを感じたりすることも。着物を着ようと考えているのであれば、お店の雰囲気や広さなどを事前にリサーチしておくと安心です。

「平服」ってどこまでが「平服」?

もし、招待状に“平服でお越しください”という一言が添えてあった場合はどうすれば良いのでしょう?
「平服」という文字だけ見ると、普段着のことを表しているような印象を受けてしまうかもしれません。でも、それは大きな勘違いなのです。

平服というのは、「正装=礼装でなくとも構わない」という意味であるということを知っておきましょう。この場合、礼装とは正礼装(モーニング、イブニングドレスなど)と準礼装(タキシード、フォーマルドレスなど)を指します。正礼装と準礼装の次にフォーマルとされているのが先ほどご紹介した略礼装ですから、「平服で」と書かれていたとしても略礼装で出席しておけば失礼には当たらないということになります。
カジュアル色の強いお店で行われるレストランウェディングであれば、会場の雰囲気に合わせて服装を多少カジュアルダウンさせても問題はないでしょう。

ぐるなびウエディングでレストランウェディングプランを探そう!

「カジュアルな服装」ってどこまでが許される?

「カジュアルな服装」ってどこまでが許される?

一口に「カジュアルな服装」と言っても、そこには意外と個人差が出るものです。
レストランウェディングで許容されるカジュアルとはどの程度の服装なのか判断がつかないのであれば、“自分は結婚式(披露宴)という大切な場に招待されているのだ”ということを思い出してみましょう。たとえ良く知っていてリラックスできるお店でのウェディングであるとしても、あまりにもラフな服装で出席しようという気持ちは起こらないのではないでしょうか?

「カジュアルな服装」として許されるのは、

  • 男性→カラーシャツ、柄入りシャツ、黒以外の靴(いずれも派手すぎないもの)
  • 女性→カーディガン、普段使いのアクセサリー、バイカラーのドレスやワンピース

このあたりまでと考えましょう。
「平服」や「カジュアル」をはき違えてしまった人によくある服装の失敗例として、男性のジーンズやスニーカー、女性の素足やレギンス、ブーツなどが挙げられます。くれぐれもご注意を。

なんといっても主役は新郎新婦!

なんといっても主役は新郎新婦!

このように、レストランウェディングを始めとする結婚式の服装には決まり事や暗黙の了解事項がつきものですが、何をおいても忘れてはいけないのが“新郎・新婦を祝福する気持ち”です。

新婦の特権である純白の衣装や生花を用いたヘアアクセサリーを身に付けたり、過度な露出や派手な服装で会場に赴いたりするのは明らかなマナー違反。
新郎・新婦を立てる心がないばかりか、非常識なゲストを呼んだとして2人に恥をかかせてしまうことにもなりかねません。
あくまでも、主役は新郎・新婦です。自分が目立ちたい・素敵に見られたいという欲求があってもぐっと我慢をして、おめでたい席に見合った装いを心がけるようにしましょう。

新郎・新婦のこだわりやゲストへの思いがたくさん込められたレストランウェディング。
素敵な席にふさわしい服装で出席し、心からお祝いしてあげてくださいね。

レストランウェディングについてもっと知ろう!