1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. レストランウェディング
  4. 会費制のレストランウェディングが気になる!メリットやコツを伝授

会費制のレストランウェディングが気になる!メリットやコツを伝授

ご祝儀の代わりに一律の会費を設ける「会費制のレストランウェディング」が人気です。ここでは気になるメリットやデメリット、一般の結婚式との違いについてご紹介します。

会費制のウェディングって?

会費制のウェディングって?

結婚式と言えば、ゲストからご祝儀をいただいて、手の込んだ食事や演出などでもてなすのが一般的。そんな“ご祝儀制”に対して、最近主流になりつつあるのが”会費制”。ご祝儀の代わりに一律の会費を設けるもので、結婚するカップル側も招かれるゲスト側も金銭的な負担が減るという特徴があります。会費制の結婚式は従来の披露宴よりカジュアルでありながら、2次会よりもきちんと感があることから「1.5次会」とも呼ばれています。

<会費制ウェディングのメリットとデメリット>
その最大のメリットは結婚式の費用を大幅に抑えられること。フレンチのフルコースに会場の装花など、ご祝儀制の結婚式には何かとお金がかかり、平均で約300万円の費用が必要だと言われています。一方、会費制のウェディングなら提供する料理と飲み物、会場代の実費だけでOKなので、ご祝儀制よりリーズナブルに結婚式を挙げられるのです。
最近は、リゾートウェディングで挙式に呼べなかった友人たちへのお披露目の場として、会費制のウェディングパーティを開くカップルも増えています。披露宴の堅苦しい雰囲気が苦手というアットホーム派にもおすすめです。

逆に会費制ウェディングのデメリットは、メリットにもなっている予算の少なさ。予算が少ないため、凝った演出やゲストへのおもてなしにあまりお金がかけられません。また、ご祝儀制よりカジュアル感が強いため、職場の上司や高齢のゲストの中には抵抗を感じる人もいるかもしれません。

<会費制と言えばレストランウェディング!?>
会費制ウェディングを開く会場は、おいしい料理をよりリーズナブルに提供してくれるレストランが主流。ぐるなびウエディングの調査結果によると、国内で1.5次会を実施した方のうち、半数以上がレストランを選んでおり、理由のダントツ1位で「料理がおいしい」と回答しています。披露宴よりも予算が限られる分、余計なものは極力省き、こだわりたいものにはお金をかける傾向が見えます。予算にもよりますが、レストランであれば立食ビュッフェから着席フルコースまで、料理の提供スタイルに柔軟に対応してくれます。

ご祝儀制がメインとなるホテルやゲストハウスでは、洗練された雰囲気と充実した設備、プランナーをはじめとする専門スタッフがそろいますが、その分お金もかかります。ただ、会費制がメジャーとなりつつある最近は、会費制ウェディング専用のプランを持つ会場も増えてきているので、気になる会場へ問い合わせてみましょう。

ぐるなびウエディングでレストランウェディングプランを探そう!

会費制ウェディングにご祝儀袋はいる?いらない?

会費制ウェディングにご祝儀袋はいる?いらない?

ご祝儀制の結婚式では、ご祝儀袋にお金を包むのがマナー。“2人の末永い幸せを祝う”という意味を込めて、一度結んだらほどけない「結び切りの水引」のご祝儀袋が使われます。ご祝儀袋に込められた意味を考えると、ご祝儀制ではなくても、会費制ウェディングの会費はご祝儀袋に入れたほうがいいように感じるかもしれません。

けれど、会費制のウェディングはあくまでも略式。ゲストを招く側にとっても気軽に参加してほしいという気持ちを込めた結婚式ですから、ご祝儀袋はもちろん、結婚のお祝いなども準備する必要はありません。結婚する人が長年の親友やお世話になった親戚で「会費だけではちょっと…」とためらわれるなら、会費とは別にお祝いの気持ちをご祝儀袋に包んで受付で渡しましょう。

会費制レストランウェディングにかかる費用は?

会費制レストランウェディングにかかる費用は?

ご祝儀制ではゲストが用意するご祝儀は3万円が相場と言われています。一方の会費制では1~1.5万円の会費となることがほとんどです。
ご祝儀制より低予算とは言え、2次会よりもうんとグレードが高いお料理を選ぶことができますし、提供スタイルも立食ビュッフェからフルコースまで予算に応じてお好みで選べます。また、予算によっては映像や音響による演出やゲストにプチギフトなど、アイディアを生かしたウェディングが可能です。

<会費の目安は1万円>
会費制ウェディングでもっともポピュラーとされる金額が1万円です。1万円の会費だと、立食パーティでビュッフェを楽しむスタイルが一般的。会場として選ばれるのは、予算に応じた料理を考え、柔軟に対応してくれるレストラン。「会費制=レストランウェディング」とされるのはそのためです。

料理と会場代で予算はほぼなくなってしまいますが、テーブルセッティングをはじめとする会場装飾を自分たちで工夫すれば、よりアットホームで思い出深いパーティになるはず。立食を選んだ場合は高齢のゲストや幼い子どもが問題なく過ごせるかについて配慮しておきましょう。

<予算に応じて料理や会場を決めよう>
実費だけで実現できるのが会費制ウェディングの魅力ですが、逆に、予算によってプラン内容や会場が大きく変わるとも言えます。

ゲストに落ち着いて食事をしてほしいなら、予算を1万3~5千円程度まであげて着席のフルコースを用意するのもおすすめ。予算をあげるとウェディング専門のレストランが見つかりやすいので、会場によっては映像やステージを使った演出もできます。

披露宴とまではいかなくても、きちんとしたお披露目を行いたいというのであれば、会費は1万5千円~2万円ほどにアップしましょう。会費制ウェディングとしてはややお高めですが、専属プランナーがついた高級感ある結婚式を開けます。会場は、ウェディングを専門とするレストランのほか、ゲストハウスやホテルからも選べるようになります。ただ、いただく会費が増える分、ギフトを渡すなどゲストへのおもてなしを忘れないように気をつけましょう。

いざ結婚式を挙げようと思っても費用に悩むカップルは多いもの。
費用負担が少ない会費制のレストランウェディングを選べば、カップルもゲストも笑顔の1日をすごせるかもしれませんね。

レストランウェディングについてもっと知ろう!