結婚・結婚準備

本気でこだわると高くつく結婚式の装花のコストカットのコツ

0View
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント!
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント! 

結婚式の装花の節約術

結婚式のアイテムで、最終的に見積から金額があがってしまいがちなのが、衣装と装花。色とりどりの花に囲まれた結婚式は、華やかで、憧れですよね。でも、装花は実にさまざまな場面で登場するので、ひとつひとつを積み上げると意外に高額になってしまうのです。それでも、理想の結婚式を叶えるために知っておきたい装花のコストカットのコツをご紹介します!

花の旬によって価格が変動することを知っておこう

挙式会場装花、ブーケ・ブートニア、フラワーシャワー、ブーケトス、披露宴会場高砂装花、テーブル装花、受付装花、ウエイティングルーム装花......あげたらキリがないほど、ウエディングにはフラワーアイテムの登場するシーンがたくさんあります。もちろん、それをきちんと吟味して、花で飾る場所を限定することも大切ですが、花には、旬(出回る時期)があることを知っておくことも重要です。旬があるということは、季節によっては希望の花がない場合もあります。また、季節によって割高になる花もあります。「どうしても芍薬じゃなきゃ」という場合は、芍薬がもっとも出回る初夏に結婚式をした方がいいですし、花の種類にこだわらず、色にこだわるのであれば、結婚式を挙げる時期にもっとも入手しやすい花でアレンジすれば追加料金をとられることもないでしょう。プランナーを通じてフラワーショップに確認をとってもらうのが安心です。

本当に必要のない演出はきっぱりなくして予算をまわす

また、花にこだわるのであれば、いっそ、他に省ける演出はないかを再検討してみてもいいでしょう。花は、それだけでも存在感があり、華やかで、写真映えもします。そんな空間で美味しい料理を楽しんでもらうだけでもゲストにとってはしあわせなひとときなのかもしれません。キャンドルサービスなどの演出を、本当にやりたいことなのかどうかを確認して、必要でなければ、その分の予算を装花にまわす、というのもひとつの手です。

持ち込めるものをチェック!

会場装花に関しては、ほとんどの会場で持ち込みが難しいと思いますが、ブーケ・ブートニア、フラワーシャワー、両親への贈呈用の花束、トス用ブーケなどは持ち込み可能な場合もあります。どんなアイテムが持ち込み可能なのかを確認して、それらを安くアレンジすれば、コストカットもかないます。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる