結婚・結婚準備

結婚式だけでは終わらない!憧れホテルを活用し尽くす方法

0View
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント!
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント! 
結婚式だけでは終わらない!憧れホテルを活用し尽くす方法

ホテルで行うウエディングは、宿泊、挙式、披露宴、美容等々すべてが揃い、かつ、幅広い世代に対応できるとあって、いつの時代にも人気を集めています。さらに格式高いホテルならではの行き届いたサービスやホスピタリティに、ふたりもゲストも満足すること間違いなし。そんなホテルウエディング、結婚式当日以外でも活用できる機会が満載なのはご存知でしょうか? 心ゆくまでお姫さま気分に浸れる、ホテル活用法について調べてみました。

プロポーズにだって絶好のロケーション!

プロポーズにだって絶好のロケーション!

結婚式の前に必要なこと、といったら、そう、プロポーズ!これがなくては結婚は始まりません(ない方も稀にいらっしゃいますが)。最高のプロポーズのシチェーションとして、眺めが美しい、食事が美味しい、落ち着いた雰囲気でサービスがスマート、さらに個室やプライベートを保てる席が確保できる・・・これらが必要不可欠。だからこそ、憧れホテルのレストランやバーは、絶好のプロポーズの舞台となりえます。奮発して、スイートルームに宿泊してプロポーズ!というのもプリンセス願望をもつ花嫁心にストライク。ホテル内レストランのなかには、宿泊とセットになったプロポーズプランを用意しているところもあるので、気になるホテルがあったらチェックしてみましょう。

プロポーズと少々意味合いは異なりますが、お見合いの会場としてもホテルはよく利用されます。そうなると、ホテルは出逢いの場ともいえますね。どちらにしても、そのホテルはふたりにとって大切な場所として印象づけられるので、その後、結婚式の会場として選ばれることになんの不思議もありません。

結婚が決まったら♪結納顔合わせ食事会の会場にも

プロポーズが成就し、ふたりの結婚が決まったら、両家の顔合わせとしての結納や食事会を行います。その会場としてもホテルはベスト。最近では、ホテル内レストラン、料亭などで結納(もしくは顔合わせ)プランを設けているところも多く、それを活用しない手はありません。特に結納を女性側の自宅で行う場合、結納品の準備や飾りつけ、当日の衣装美容、その後のお茶会・食事会のアレンジ、遠方の場合の宿泊アレンジ含め、こまごまとしたことをすべて自分たちで行わなければなりません。それらを丸ごとお任せできるのも、食事ができ、宿泊もでき、さらには美容室や貸衣装など、付帯施設が充実しているホテルだからこそ。また、開業したての新しいホテルでない限り、結納や顔合わせの実績も豊富であることも、安心して任せられるひとつの理由。

昨今は、結納・顔合わせで両家が初めて顔を合わせる、というパターンも少なくありません。つまり、両家の第一印象と、それに伴う今後のおつきあいの距離を決める大切なイベントとなるわけですから、スムーズに、かつ好印象を残せるように過ごすためにも、ホテルを会場に選ぶと安心ですね。

婚約の記念に!エンゲージメントフォトの撮影を

婚約の記念に!エンゲージメントフォトの撮影を

結婚が決まり、両家での結納や顔合わせも済み、婚約が整ったら、結婚式の準備と平行して、婚約の記念になるイベントを行ってもいいでしょう。それにうってつけなのが、エンゲージメントフォトの撮影。もちろん、婚約記念品の交換だけでもいいのですが、せっかくの婚約期間、ふたりのラブラブ度もググッとアップする時期。その時期にしか撮れないふたりの表情を残しておくのには、やっぱりプロによる撮影がいちばん。

ホテルでの写真撮影の場合は、写真室を利用したものもありますが、ポーズが画一的でいかにも、な写真になってしまうのが少々デメリット。もし"ふたりらしさ"を大切にするなら、ロケーションフォトがオススメ。ドレスやタキシードではなく私服での撮影になるので、より普段のふたりに近い、自然体のシーンが載せるのが何よりの魅力。ホテルが思い出の場所ならなおさら、プロポーズシーンを再現してみたり、美しいガーデンやロビーなどでモデルさながらに撮影するのもいいでしょう。テーマを決めると、よりふたりらしさを演出できます。服装をおそろいのコーディネートにしたり、映画のようなストーリーを考え、それを象徴するカットを撮影したりと、カメラマンとも相談しながら思い思いに工夫を重ね、撮影に臨みましょう。エンゲージリングや婚姻届、フォトプロップスを小道具に使うのもアイデア。
可能なら、結婚式とも共通するテーマを考えると、撮影した写真を招待状やウェルカムスペースを飾る写真、ムービーなどにも活用できて一石二鳥!

ブライダルフェアで結婚式への期待度もアップ

結婚式までの間に、必ず参加しておきたいのがブライダルフェア。ホテルでのブライダルフェアはやはり規模が違うので、結婚式へのモチベーションを高めるために、ホテルウエディングを考えていなくても参加しておいて損はありません。

ホテルでのブライダルフェアの場合、会場は本番さながらに装飾され、模擬挙式や模擬披露宴なども多数回行われます。年に数回ですが、ドレスのファッションショーなどが開催されることも。会場コーディネートを見られるだけでなく、音響や照明、最新の演出設備などを実際に体感できるので、自分たちの結婚式の想像もつきやすくなります。さらには、試食や試飲、ドレス試着などのうれしいサービスも。
リゾートホテルでのウエディングを考えるふたりなら、思い切ってお下見宿泊♪というのもあり。遠方だとなかなか下見ができず、結婚式当日まで不安が残りがち。でも、リゾートウエディングを行うホテルの多くが、お下見宿泊プランとして結婚式を検討するカップル向けの格安プランを設けているので、実際に宿泊してみて、挙式・披露宴だけでなく、ホテルの雰囲気、スタッフのサービスを体験し、現地での過ごし方を検討するのもいいでしょう。百聞は一見に如かず、当日のイメージが描きやすくなること間違いナシです。

ブライダルエステ、スパ&フィットネスで女を上げる!

ブライダルエステ、スパ&フィットネスで女を上げる!

ホテルウエディングの場合、成約特典になっていることもありますが、結婚準備期間のオアシスとして、スパでのブライダルエステを行わない手はありません。もちろん、結婚式当日に最高に美しい姿でいることは花嫁として必須事項なので、スケジュールに従ってどんどん美を磨いていくべきなのですが、それとは別に、結婚準備期間は意外にも楽しいことばかりではなく、「彼が手伝ってくれない」とか「親が理解してくれない」とか「会場に伝えたはずなのに伝わってない」とか「似合うドレスが見つからない」などなど、折々にイラっとさせられることが起こってしまうものなのです。そんな、心が少しささくれだったときに優しくケアしてくれるのが、ブライダルエステの存在。自分の心地よさのためだけに時間とお金を費やすことができ、さらにはいつでも姫気分にさせてくれる・・・ブライダルエステには、美しくなるだけでなく、心を癒す効能もあるので、仕事と結婚準備で忙しい働く花嫁にこそ、エステの時間だけは確保してほしいものです。

さらなる美を目指す人は、ホテル付属のフィットネス施設を利用するのもいいでしょう。ホテルによっては、後述する会員になると、フィットネスの利用が可能になるところもあります。トレーニングジム、プール、ジャグジー、サウナなどで、トータルに、または部分的にシェイプアップを目指すのもひとつの楽しみ方!

前撮りフォトツアーで当日の負担を軽く

結婚式の舞台となるホテルは、どこをとっても非常にフォトジェニック!写真を撮られることが好きなカップルなら、あそこでも撮りたいここでも撮りたい・・・と、希望に胸がふくらんでしまうでしょう。ですが、結婚式当日は、分単位のスケジュールで進んでいくのが現実。特にホテルウエディングの場合、一日の組数が多いので、写真を撮る時間をゆっくり取ることができません。そこに不完全燃焼を感じるカップルもいるでしょう。

それを解決するのが前撮りです。エンゲージメントフォトとは違って、前撮りプランを利用する場合、衣装・ヘアメイク・介添え等がつくので割高にはなりますが、その分、結婚式当日には着られない衣装(例えば当日はドレスだけど、前撮りで黒引き振袖を着る!など)を着ることができるうえ、ふたりの希望に応じて撮りたいシーンを思う存分撮ることができるのがうれしいポイント。日常的に写真を撮られ慣れている人も多いかもしれませんが、普段とは違う婚礼衣装を着ての写真撮影は体験がないはず。前撮りの経験があると、当日の写真撮影の予行演習にもなり、心の余裕も生まれます。
前撮りの写真も、エンゲージメントフォト同様、結婚式当日の演出にも使うことができるので、写真を重要視するふたりなら、検討してみて。

何年経っても初心を忘れない。アニバーサリーウエディング

何年経っても初心を忘れない。アニバーサリーウエディング

ホテルウエディングの成約特典になっていることもありますが、結婚記念日を再び、同じ場所で祝うことができるのも、滅多なことで廃業しない、ホテルならでは(経営母体が変わる場合もありますが、建物など存在自体が変わってしまうことがほとんどない)。結婚後1年目、2年目、子どもが生まれたら、七五三のお祝いに、など、結婚後の人生の節目節目で訪れ、食事や写真撮影を楽しみながら、昔を懐かしむことができます。25年目の銀婚式には、もう一度挙式・・・なんてロマンティックなサプライズもいいですね。
さらには、親子2代(時には3代というご家族も)で同じホテルで結婚式を挙げる、というドラマティックな選択も。
ホテルウエディングをきっかけに、「記念日を祝うのは、このホテルで」という家族の定番が生まれるのもステキですね。

ウエディングを機会に、ホテル会員になるとお得がいっぱい

プロポーズ、結納・顔合わせ食事会、結婚式など、ふたりのウエディングを機会にそのホテルが「○○家御用達」になるのであれば、ぜひホテル会員に登録するのをオススメします。ホテルによって、その呼び名、システムはさまざまですが、ホテル会員になると、以下のような特典がついてきます。

・宿泊の優待
・レストラン&バーでの飲食の優待
・ウエディングプランの割引
・お子さまの誕生時のプレゼントや結婚記念日特典
・会員にしか入れない特別エリアやプログラムの利用
・スパ&フィットネスなどの施設利用
・デリカテッセン、ギフト券などオリジナル商品購入時の優待
・マナー講座や各種イベントの優待
・ポイントシステムの場合、利用金額ごとのポイント加算
・会員限定プランの用意
・会報誌の配布
・日本国内の提携ホテルや百貨店などの会員特典

ホテルごとに内容は異なるので、すべてがカバーされるわけではありませんが、どれも魅力的! ホテルによっては、ウエディングの成約特典であることもあるので、成約前に確認しておきましょう。さらに、入会費・年会費についても、無料のホテルもあれば、年会費の無料期間が区切られていることもあるので(5年間は無料で6年目から年会費有料、など)事前にしっかり確認しておくことをオススメします。

もしそのホテルが国際的なホテルチェーンのひとつであったなら、日本以外のチェーンホテルに宿泊時にもポイント加算されたり、特典がついたりと、さらなる恩恵を受けることができます。例えばハネムーン時、また、海外旅行や海外出張など海外に宿泊する機会はないとはいえません。そんなときにもホテル会員制度を活用できるのは、滞在をより充実させるためにもうれしいポイント。

いろいろな"お得"がたくさん詰まったホテルウエディング。ウエディングだけを切り取ると、ゴージャスで、費用もレストランなどに比べると高いので敬遠しがちですが、結婚式前後のことまで含めて見てみると、検討に値する魅力をもっていると思います。何よりも個人的に、高級ホテルは、入ったとたん最上級のホスピタリティをもってプリンセスのように扱われるので、そのサービスに見合うだけの自分であらねば、と身が引き締まり、自然と背筋がピンとする雰囲気を持っているのがとても好ましいと思います。だからって、常に高級ホテルに入り浸れ、常に高級であれ、と言っているわけでなくて、自分には見合わないから、と卑下するのではなく、普段は庶民派だとしても、"高級"の名にふさわしい自分、という引き出しをもつのも、自分を豊かにすることのひとつなんだと思います。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる