結婚・結婚準備

ゲストが多くて選べない!迷ったら二部制ウエディング

0View
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント!
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント! 
ゲストが多くて選べない!迷ったら二部制ウエディング

ふたりにとって大切な人をお招きし、感謝の気持ちを伝える結婚式。できることならたくさんの人をお招きしたいけれど、格式を重んじる親族と、カジュアルに楽しみたい友人とを両方満足させる方法が見つからない・・・。また、ひとりひとりとちゃんと会話を楽しみたいけれど、お招きしたい人を挙げていったら大人数になってしまって時間がとれなさそう・・・などという悩みを鮮やかに解決してくれるのが二部制ウエディング。そのメリットとデメリットを調べてみました。

二部制ウエディングとはどんなもの?

ひと言でいうと、同じ会場を使って一日の間に一部と二部、2回の披露宴(パーティ)を行うのが二部制ウエディング。一部と二部でスタイルを変えてパーティを行うことが可能なので、ゲスト全員をひとつの場でおもてなしするのではなく、年齢や関係性など、顔ぶれに合わせたふたつのグループに分けておもてなしができるとあって、幅広いゲストに楽しんでもらえるのが最大の特長。特にゲストが大人数のになる場合、大規模な会場でなくても、二部に分けることによってゲストと近い、アットホームなウエディングが叶います。また、同じ会場で行うので、ふたりにとって移動が少ないのもうれしいポイント。さらには、会場装飾を二部に渡って活用することもできるので、予算的にも想像するよりは負担にはなりません。
とはいえ、一日に2回のパーティを行うわけですから、それぞれのプログラムに応じて準備をしなくてはならないので、相応に忙しくなります。また当日は長丁場になり体力も使うので、しっかりと体調を整え、思いっきり楽しみたいですね。
会場によってはお得な二部制ウエディングプランを儲けているところもあるので、チェックしてみましょう。基本的にはゲストの顔ぶれに合わせて内容を決めていきますが、細かな演出など、叶えたいウエディングスタイルがひとつに絞りきれないふたりにも、ぴったりのウエディングスタイルです。

こんなカップルにおすすめ!二部制ウエディング

こんなカップルにおすすめ!二部制ウエディング

具体的に、どんなカップルに向いているウエディングスタイルなのでしょう。二部制ウエディングのメリットから考えてみます。

・結婚式にお招きしたいゲストの顔ぶれに幅がある

二部制ウエディングの最大のメリットが、ゲストの顔ぶれに合わせた2回のパーティを行えること。親族の人数が多い、立場上社会的地位の高い人をお招きする必要がある、同僚・友人の人数も多い、年配も子どももいる、といった場合、ひとつの披露宴でおもてなしをしようと思うと、会場のキャパシティから、料理のアレンジ、演出の内容と数など、どこをターゲットにして決めたらいいかが難しいことがたくさんあります。さらに時間的余裕が少なくなり、ゲストひとりひとりと触れあう時間も短くなり、不完全燃焼となってしまうことも。それを解決するミラクルなスタイルが二部制ウエディング。
フォーマルな一部とカジュアルな二部、などゲストの顔ぶれに合わせてパーティのコンセプトを変えることができ、かつ、時間的な余裕も生まれるので、ゲストもふたりもじっくりとパーティを楽しむことができるのです。だから、「人数が多すぎちゃうから、この人はお招きするのやめておこうかな」なんて遠慮することはありません。お招きしたい人、みーんなお招きすることができるのです!

・披露宴よりはカジュアルに、二次会よりは上質なパーティで友人たちをおもてなししたい

ゲストの顔ぶれにさほど幅がなくても、友人や同僚といったフラットな関係のゲストが多い場合にも、実は二部制ウエディングの方が◎。親族や上司に年配の方がいる場合、どうしてもそちらに合わせたフォーマルスタイルをとってしまうので、多少の堅苦しさは否めません。とはいえ、披露宴後に二次会を設け、羽目を外すほどのどんちゃん騒ぎをしたいわけでもありません。それなら二部制にしたほうがよほどスマート!アットホームだけど上質なパーティを叶えることができるのです。

・なるべく自己負担を少なくしたい

一般的な挙式→披露宴→二次会のスタイルだと、披露宴はご祝儀制がほとんど。ゲストひとり当たり、食事・飲物や引き出物、プチギフトなどの予算は約2万円程度。その他の費用なども含めるとなかなかの出費になります。二部制ウエディングの場合、一部をご祝儀制、二部を会費制にする、といったアレンジも可能。ご祝儀制のゲストの人数が減ることにより負担が減少。さらに会費制のゲストには、予算の範囲で引き出物ではなくサンクスギフトを贈ったり、食べ放題飲み放題にするなど、工夫をすることで自己負担を少なくすることもできます。さらに、会場装飾や、ムービーなどの演出を一部と二部両方で使うこともできるので無駄を省くこともできます。

・ふたりと親の理想のウエディングスタイルが異なる

必ずしも一致するとはいえないのが、ふたりと両親の希望するウエディングスタイル。ふたりがこぢんまりとしたウエディングを望んでいるのに、「親としては多くの親類、お世話になった上司の方にふたりの晴れ姿を見てほしい」と希望すること、ありますよね。このような意見の食い違いは往々にしてあるもの。そんな場合でも、二部制ウエディングなら解決できちゃいます。

二部制ウエディングのパターンとメリットデメリット

二部制ウエディングのパターンとメリットデメリット

二部制ウエディングには、当日のタイムラインによって3つのパターンがあり、それぞれにメリットも、デメリットもあります。まだまだ二部制ウエディングは一般的とは言えないスタイルなので、それぞれをよく理解した上で、ゲストの顔ぶれを考えながら、ふたりにぴったりのパターンを選びましょう。

1.挙式 → 一部パーティ → 二部パーティ

もっとも一般的なパターンで、挙式後に親族や上司、目上の方を中心としたゲストと着席正餐スタイルの披露宴を行い、その後、友人や同僚を中心としたゲストと1.5次会感覚の披露パーティを行うもの。フォーマルとカジュアルの線をはっきり引きたい場合に最適。挙式のみ神社や教会など別の会場で行うことも可能。この場合は、それぞれで打ち合わせが必要なので少々手間がかかることと、費用面がかさむ心配があります。さらに、会場間の移動がゲストの負担にならないよう、挙式場とパーティ会場は近いところを選び、かつ、タクシーやバスなど、移動の手段をあらかじめ用意しておくといいでしょう。

<メリット>
挙式後にパーティを行うことで、通常の挙式→披露宴スタイルと変わりなく、流れがスムーズ。別会場で挙式のみを行ったとしても、2回のパーティを同じ会場で行えば、ふたりの移動の負担も最小限に抑えられます。

<デメリット>
挙式と二部パーティに参列するゲストについては、挙式後、パーティが始まるまでの時間、待たせてしまうことになります。手持ちぶさたになってしまわないよう、見どころやショッピングスポットの多いエリアの会場を選んだり、バスなどをチャーターしてミニツアーを企画したり、空いた時間を楽しむための案内や提案をするといいでしょう。

2.一部パーティ → 挙式 → 二部パーティ

挙式前に親族との"お披露目パーティ"感覚の着席正餐スタイルの食事会を行い、その後、挙式。挙式後に会社関係や友人知人とのパーティを行うパターンです。親族の人数が多い場合などに最適で、親族とそれ以外のゲストで分けることができます。挙式前にパーティを行うことに抵抗がある親族もいるかもしれませんが、"お披露目"という形をとり、プログラムの中に親族紹介なども含めると自然な流れになります。二部パーティについては、着席正餐スタイルでも、立食会費制のようなカジュアルなものでもかまいません。ゲストの顔ぶれに合わせて選びましょう。

<メリット>
一部・二部、どちらのゲストも挙式に参列しやすいのが最大のメリット。両親が二部パーティの冒頭のみ参加するのにも違和感がなく「同僚や友人にご挨拶しておきたい」という希望も叶えられます。

<デメリット>
デメリットであり、メリットでもあることなのですが、一部パーティに参列したゲストが挙式に参列するときに、引き出物や荷物をもって歩くことがないよう、挙式もパーティも同じ会場で行う必要があります。

3.一部挙式 → 一部パーティ → 二部挙式 → 二部パーティ

時間のやりくりが難しい部分もありますが、ゲストの顔ぶれに応じて挙式を2回行うパターン。親族を中心とした一部の挙式は、神社や教会などパーティ会場と別の場所でもかまいません。友人や会社関係、同僚などを中心とした二部の挙式は人前式がピッタリ。一部のパーティの参列者が二部の挙式に参列するのもOK。

<メリット>
ゲスト全員の前で、それぞれの形でふたりらしい結婚の誓いを立てることができます。挙式でやりたいセレモニーや演出がたくさんある場合にも、どちらかで叶えることができます。

<デメリット>
プランナーや親とも協力し、実現可能かつ綿密なタイムラインを組まないと、ただ体力を消耗して終わってしまうので、よく相談しながら進めましょう。少しでも遅れが生じると後のスケジュールに影響するので、ゆったりとした時間を過ごせない可能性も。

二次会アリのウエディングとどう違う?

二次会アリのウエディングとどう違う?

通常であれば挙式→披露宴→二次会となるべきところ、二部制ウエディングなら挙式とパーティのみ。ゲストにとっても、挙式→披露宴→二次会の流れに比べると、体力的にも時間的にも負担が少ないのがうれしいポイント。パーティの内容も演出の詰め込みにならず、一部と二部のゲストの顔ぶれに合わせたものを厳選し、余裕をもったタイムラインで進められます。特にゲストとの触れあいを重視したいカップルや、アラフォーカップルなどの大人ウエディングに向いているといえるでしょう。
さらに、二次会を行う場合の懸念材料として、飲み過ぎちゃって酔いつぶれちゃうゲスト(新郎新婦)・・・がありますが、二部パーティならそこまで肩の力を抜かないので、酔いつぶれる心配もありません。

二部制ウエディングを成功させる会場選びのポイント

一日で、挙式と2回のパーティを実現させる二部制ウエディング。会場としてオススメなのは、やはり一日貸切できるレストランやゲストハウス。洋館や歴史的建造物など邸宅ウエディングもステキです。ただし、チャペルや神殿のないところが多いので、人前式となることが多くなります。教会式神前式を行いたい場合には、挙式のみ、別の会場で行いましょう。

会場を選ぶポイントとしては、
・一日貸切できる
・挙式を行うスペースがある
・ゲスト用の控室を設けられる
・二部制ウエディングの実績がある

この4つをおさえておけばよいでしょう。貸切時間はタイムスケジュールにもよりますが、1日貸切にしておくと、万が一時間が押しても、あとのことを気にせず過ごせるので何かと安心。挙式を行うスペースは、例えばガーデンやテラスでもかまいません。パーティ会場とは別の空間ならば、挙式を行っている間にパーティの準備を進めることができるので、スムーズな進行になります。さらにゲスト用の控室は、たとえ一部パーティのお開きが遅くなってしまっても、二部のゲストがゆっくり待っている場があれば心苦しくないですよね。うっかり早く着いてしまうゲストもいるでしょうし、一部と二部のゲスト同士で顔見知りがいる場合なども控室で会話ができます。一部のゲストの帰りを急かすことなく、二部のゲストにも心地よく過ごしてもらうために必要なスペースといえるでしょう。会場内で準備できない場合は、最寄りのカフェやレストランなどのアナウンスをお忘れなく。また、二部制の場合は、タイムスケジュールの組み方がとても大切になってくるので、充分な実績がある会場を選べば心配なし。

二部制ウエディングだから楽しめる♪演出いろいろ

二部制ウエディングだから楽しめる♪演出いろいろ

二部制の場合、ゲストに合わせた演出を2回分行えるので、ふたりにとったら倍、ウエディングを楽しめることに!友人たちがたくさんいるところでは少し気恥ずかしい"花嫁の手紙"や"両親への感謝状"など泣ける感動演出も、親類中心の一部パーティなら喜ばれること間違いなし!反対に、目上の方がいる場では控えた方がいいラブラブ演出や、流行のお笑いネタを使った余興、参加型演出なども、友人向けの二部パーティなら問題なし。ゲストみんなで楽しめるものを選びましょう。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる