結婚・結婚準備

毎日の積み重ねがものを言う!アラフォー花嫁のビューティライフ

0View
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント!
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント! 
毎日の積み重ねがものを言う!アラフォー花嫁のビューティライフ

夜更かしや暴飲暴食など、多少の無理をしてもリカバリー可能だった無敵の20代。でもさすがにアラフォーともなると、身体に無理はききません。それどころか、40ともなると、20代に無理をしていたツケがじわじわと表面に現れてくるお年頃・・・。そんなアラフォー世代がめでたくウエディングを迎えるならば、20代とは違った身体のケアが必要になります。アラフォー花嫁が過ごすべき正しいビューティライフはどんなものか?探ってみましょう。

和装でも洋装でも磨かなければならないのは、ズバリここ!

晩婚化が進んでいると言われる昨今、30代後半〜40代前半での結婚も珍しいことではありません。さらに、アラフォーだとしても、ウエディングドレスを着たい、白無垢に身を包みたい、と願う乙女心もおかしなことではありません。でも、頭に描いた理想の花嫁姿を叶えるには、20代とは確実に違う、今の身体としっかり向き合わなくてはなりません。シワ、そばかす、たるみ、筋肉の衰え等、見て見ぬふりが通じなくなってしまった年齢だからこそ、20代の自分の姿は過去のもの、とあきらめ、あらゆる方向から再び自分をチェックして、年齢に合ったケアへと切り替えましょう。ちなみに、20代のままのケアを続けるよりも、このタイミングで年齢に合わせたケアへと見直すことで、来たるべきアラフィフ、アラカンを美しく迎えられる(可能性が高い)という利点もあるのです。

もちろん、日常のケアの見直しも必要ですが、それに加えて"結婚式向け"に特化したケアも考えなくてはなりません。特に"写真写り""衣装映え"がキモになってきます。肌も、ボディラインも、表情作りや立ち居振る舞いに至るまで、結婚式当日はいつもとはちょっと違う一日を過ごすため、ポイントをしぼった強化策が必要になります。まず、和装を選んでも、ウエディングドレスを選んでも、変わらずに磨かなくてはならないポイントを押さえておきましょう。

<ズバリ顔。肌つやだけでなく、笑顔など表情も重要ポイント>

やはり、もっとも目を引くのが、顔。当日は、ゲストを魅了する存在でなくてはなりません。さらに一部始終を写真に撮られるわけですから、お肌の調子を整えておくのはもちろん、表情にも注意が必要。当日のメイクは"隠す"ためではない、ということを念頭に、肌荒れや吹き出物の痕などが残らないよう規則正しく美しい生活習慣へとシフト。まずは、食事の内容・タイミング、運動の頻度、睡眠の質、この3つのバランスを整えることからはじめましょう。紫外線対策と保湿も念入りに。さらに、表情もチェック。どんなところにシワがよるのか、歯の見え方など、笑顔のチェックはもちろんのこと、今まで気にしたことがなくても、真面目な表情がへの字口気味で怒ってみえるタイプの人もいます。結婚式は笑顔ばかりなく、挙式など真剣なまなざしでいるときもあるので、ふだん、どんな表情をしているかを知っておき、口角をあげるようにするなどの対策を。

<姿勢。立つ、座る、歩くなど立ち居振る舞いすべての動作の基本>

また、結婚式で目に着くのが身のこなし。ドレスや和装など、普段着慣れないものを着ての所作は、20代であれば多少は見逃してもらえますが、アラフォーともなれば、きちんとできていて当たり前。猫背になっていないか、ヒールを履いての歩き方がへっぴり腰になっていないか、彼や母親、友人などにチェックしてもらい、自信がないようだったら礼儀作法の講座などに通うのもアリ。

<髪>

肌と同じく、年齢や生活習慣が出やすいのが髪。当日のヘアスタイルに合わせてツヤツヤなめらかな美髪を目指し、食生活の見直し、ヘアケア、頭皮ケアに磨きをかけましょう。結婚式を行うことが決まった時点で、いつも通っているヘアサロンに行き、どんなセルフケアがよいかを相談するといいでしょう。

<首、襟足>

こちらも年齢が出やすいポイント。首や襟足は、お肌の延長と考えて、スキンケアと同じく毎日のケアをするように心がけましょう。プラス、普段スマホばかりを見てうつむきがちの姿勢が多い人や、枕が合っていない人は首にシワが寄りがち。日常的にストレッチを取り入れたり、枕を変えるなどして対策を。

<腕、手>

結婚式では特に指輪交換で手がクローズアップされます。職業によっては、乾燥や手荒れが気になる人もいると思います。可能な範囲で、たっぷりの保湿をしてから手袋をつけて就寝、水仕事のときにはゴム手袋で守る、日中は紫外線対策を万全に、など、美しい手元を目指してケアを。

衣装によって変わるビューティアップポイントは?

衣装によって変わるビューティアップポイントは?

結婚式では、衣装によって露出する部分が変わってきます。衣装が決まったら、露出する部分のケアもプラスして、どこから見ても美しい花嫁姿を叶えましょう。

<デコルテ>

ウエディングドレスによってはデコルテのケアもとっても大切。吹き出物ができていないか、まずは鏡でチェック。肌と違って、デコルテの肌荒れは衣類、柔軟剤、または衣類用洗剤による刺激も考えられるので、刺激の少ない無添加のものに替えるなどして様子を見るのもいいでしょう。デコルテも肌の一部、普段からのケアも見直し、さらなる美しさを目指しましょう。

<二の腕>

ノースリーブやビスチェタイプのドレスを着る場合は、二の腕にも注目が。たるんだ肉が振袖状態になっていませんか? アラフォーの場合、二の腕を引きしめるのは20代の倍の時間がかかると思って。最悪、ロンググローブやボレロ、ケープなどでフォローはできますが、露出すると決めたら毎日の生活に筋トレやストレッチを取り入れて、シェイプアップを。

<バスト、ウエスト>

和装の場合は凹凸のないラインに整えるので、そこまで気にすることはありませんが、ウエディングドレスの場合、ドレスのラインを生かすも殺すも、メリハリボディにできるかどうかがカギ。バストトップの位置が重力に負けて下がっていませんか? ウエストのくびれ、どこかにいなくなっていませんか? もちろん、補整下着という強い味方はありますが、可能な限りの努力はしたいですよね。毎日続けられる程度でいいので筋トレやストレッチをしてみましょう、結婚式当日にはきっと、違いがわかるはず。

<背中>

これもドレスのデザインによりますが、背中の大きくあいたドレスを着る場合には、背中のケアも必要です。吹き出物やぶつぶつ、日焼け痕などがないか、一度背中の写真を撮ってもらうなどして、現実と向き合いましょう。肌荒れがひどい場合には、セルフケアでは限界があるので、皮膚科や形成外科に頼ってもいいかもしれません。また、背中を露出する場合はシェービングを行い、当日、ほんのりメイクをすると美しいバックラインが叶います。そのためにも、日頃のケアでトラブルのない背中を保っておきましょう。

ここが決め手!アラフォー花嫁の衣装選び

ここが決め手!アラフォー花嫁の衣装選び

ここまで挙げたように、アラフォー花嫁にとって、お肌だけでなくボディラインも20代の頃のものとは少々異なります。だから、ケアが違うのはもちろんのこと、衣装選びの基準も変わって当たり前。逆に言うと、20代の頃と同じように選んでいてはダメ。アラフォー花嫁の衣装選びは年齢相応にしてしまうと逆に老けて見えてしまったり、華やかさにかけてしまう怖れもあるので、ほんの少〜し年齢に逆らってみるのがポイントです。ただし、その"ほんの少〜し"の加減が難しいので、衣装選びの際は、姉妹や親友など、客観的かつ率直に意見してくれる身近な人物と一緒に行くのがオススメです。

<和装>

衣装選びに行って驚くのが、白無垢、といっても、たくさんの種類があること。同じ白でも純白もあれば、アイボリーに近いものもありますし、文様もさまざま。銀糸だけでなく金糸が織られているものなどもあり、いざ選ぶとなると迷ってしまいそう。アラフォー花嫁の白無垢は、色と生地の上質さが選ぶポイントに。しっかりとした正絹で光沢がなめらかなものを選びましょう。必然的に生成りに近い色味になるので、肌色がくすまないか、きちんと合わせてみることをオススメします。あまり明るすぎる白や薄っぺらにみえる化繊地では安っぽくみえてしまうのでNG。少々値段がはっても「いいものをわかって選んでいる」ということがゲストにも伝わるようなものを選んで。
色打掛の場合は、色の選び方がポイント。派手すぎたり、ファンシーすぎる色は避けた方が無難。かといって、渋すぎる色も老けて見えます。中途半端な色よりは、黒や紅、金、紫などはっきりした色の方がオススメ。凛々しく、アラフォー花嫁の良さを引き立たせてくれます。アンティークの着物もいいですね。文様も幼いイメージのものは避け、品格のあるものを選びましょう。

<ウエディングドレス>

ウエディングドレス選びは、シルエットがポイント。憧れる気持ちはわかりますが、プリンセスラインやミニなど、キュート系は避けたほうがいいでしょう。年齢を問わず似合うものが見つかるのがAライン。体型によってはマーメイドやエンパイア、スレンダーなど、スッキリとしたラインの方が大人花嫁を演出できます。華美な装飾も避けて、その分、生地やレースなどの上質なものを選びましょう。
カラードレスは色選びがポイント。ビビッドな原色よりもソフトな色でやわらかさを表現してもいいですし、あわあわとしたペールトーンよりダークトーンで大人っぽいモダンなイメージにしてもいいでしょう。好みの色が必ずしも似合う色とは限らないので、本人のもつ雰囲気や肌の色と明らかにベクトルが違うものはNG。自分の肌色を知ってから選びに行くと選びやすいですね。
どちらも、ボリュームたっぷりのデザインは控えたほうが正解。"シンプルだけど上質"がアラフォー花嫁のドレス選びのキーワードです。

一生に一度の大舞台、とにかく小顔に見せたい!

一生に一度の大舞台、とにかく小顔に見せたい!

写真映え、を考えると、気になるのが顔の大きさ。特に新郎の顔が小さい場合は「ふたりで並んだら、私の方が顔が大きいかも???」「集合写真で私の顔の大きさが目立ったらいや」などと、及び腰になってしまうかもしれません。そう、やっぱり顔が小さい方が頭身もよく見えますし、一生写真に残ると考えるととにかく小顔にしたい!という気持ち、わかります。ただ、アラフォー花嫁の場合、「痩せ」が「やつれ」になりがち。健康的に小顔を手に入れるためには、痩せようとするのではなく、巡りをよくすることを考えましょう。例えばむくみがちな場合はマッサージ取り入れる、歯をくいしばるクセがある人はエラがはってしまうので気をつける、結婚式の前日に水分(お酒も)をとりすぎないなど、見た目の印象がマイナスイメージならないようなケアを心がけましょう。

結婚式を機に、気になる部分の脱毛で自分に投資!

手軽な価格で脱毛が叶うサロンが多くなってきた昨今、一昔前よりも脱毛が身近になりました。すでに施術を行っているアラフォー花嫁もいるかもしれませんが、結婚式やハネムーンは、ワキやひざ下、Vラインなど気になる部分の脱毛スケジュールを組むのにもいい機会。ひと言で脱毛といっても、クリニックなどでの医療レーザー脱毛やサロンでの光脱毛など、施術方法、かかる期間、料金、痛みの有無、肌への負担、アフターサービスなどメリットデメリットもさまざま。どれが自分の求めるものに合っているかをきちんと精査し、確認してから動き出しましょう。特に毛量が多いタイプの人は、面倒な自己処理から解放されることを考えると、そんなに高い投資ではないはず。これまでできなかった思い切ったことができるのも、ウエディングの機会あってこそ。

アラフォーのダイエット事情

アラフォーのダイエット事情

さて、アラフォー花嫁にとって、一番気になるかもしれないのがダイエット。20代の頃は、少々食事を控えれば1キロ2キロは自然と痩せていたかもしれませんが、基礎代謝の落ちたアラフォーさんのなかには、1kgだってそう簡単に落ちなくなっている人もいるかもしれません。でも、アラフォーのダイエットで大切なのは、体重の増減ではなく、生活習慣の見直し。体重にこだわって食生活を制限したり、ハード運動を一気にがんばってしまうと、体重が減ったとしても、顔ばかりがやつれてしまったり、お肌や髪がパサパサになってしまったり、すぐにリバウンドしてしまったり、と健康的とはいえません。さらに、これまで蓄積していたダメージが表に出てくる年齢ですから、結果、とても不健康な痩せ方になって花嫁らしさがなくなってしまう怖れもあります。
大切なのは、食事内容の見直し、毎日続けられるちょっとしたエクササイズ、規則正しい生活、この3つです。確かにこの3つがとても難しいことでもあるのですが、いきなりすべてを変えるのではなく、少しずつ、できるところから改善していくのが長続きのポイント。いつもの定食に温野菜サラダを追加する、エスカレーターを使わずに階段を使う、寝る前にスマホは見ない、そんなことからでいいのです。「○○をする!」ではなく、「○○ついでに」くらいの気持ちで毎日続けることの方が大切。彼も一緒に生活習慣を見直せば、生活習慣病を予防することにもつながり一石二鳥です。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる