恋愛

バカな女がモテるのは10代だけ! 男に嫌われるNG会話例

0View

2014/04/15 Tue

Gow!Magazine

男に嫌われるNG会話

第一印象が良かったとしても、その後話せば話すほど男に嫌われるタイプの女性がいます。そうした女性は自分の悪いところというのを全く分かっていないことが多いのですが、確かな共通点があります。知らず知らずのうちに男に嫌われる会話のNG行動を取っているのです。

何事にも興味を持つということと、話題選びが重要

1.相手の会話を止めている

 男「○○って映画が面白かったんだよ、見た?」女「見てないです」男「・・・」女「・・・」この会話を見ていると、明らかに女性の受け答えには問題があります。なぜなら会話がそこで止まってしまっているからです。もしも女性にそうした意図がなかったとしても、これでは男性と会話をしたくないという雰囲気を醸し出しているのと同じことです。もちろん男性側としてもこんな返答しかないのであればつまらなくなりますから、外見がタイプであってもそれ以上お付き合いしたいとは思わないはずです。

2.頭の良さがない

男性は少しバカなくらいの女性の方が好きだ、というイメージがありますが、それは「少女っぽくてカワイイ、バカが好き」なだけ。それが許されるのは10代まで。恋愛対象になるのはあくまで頭が良く理解力のある女性です。それを勘違いしてはいけません。

 そのため、1でもあげたような会話しかできない女性はそもそも願い下げということになります。では、様々な分野の知識に対して博識でなければいけないかというと、そうでもありません。大切なことは興味を示すことです。もしも自分の知らない話題であれば、それは一体何なのか?と興味を持って質問する姿勢が求められているのです。そうした興味も湧かないようなバカは男性も付き合っていても面白く感じないというわけです。

3.オチの無い話ばかり

男性の嫌いな話に「それで、何?」と返したくなるような話があります。週末に友達とランチに出かけた話を延々とされても、男性からすると面白くもない話をただ聞かされただけ、ということになります。女友達となら普通に会話が成り立つ話題であったとしても、男性の場合にはそれがNGという場合もあるのです。また、ファッション関係の話題にうとい男性に、女性ファッションの専門用語のような単語をならべて「かわいいよね」などと話しかけたとしても、ちんぷんかんぷんで伝わりません。男性と話す時にはオチをつけて話すことを心がけることも大切です。

会話をすることはとても大切なコミュニケーションです。そのコミュニケーションを取る時に面白みを感じられない女性は、いくら美人であっても魅力的には感じられなくなってしまいます。時には話せば話すほど魅力がなくなっていってしまう、ということさえあります。そうならないためには、何事にも興味を持つということと、話題選びが重要なのです。

Photo by StephaniePetra

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる