結婚・結婚準備

結婚式のご祝儀袋。中袋の書き方

0View
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント!
フェア参加 or 下見で最大30,000円分 JCBギフトカードを抽選でプレゼント! 

ご祝儀中袋の書き方

中袋に書くことはいたって単純明快。ただし、旧字体を使わなければならないことを忘れがちなので、ここで総復習しておきましょう!

中袋の表側に書くこと

お祝い金を包んだ中袋の表側には、毛筆(または筆ペン)で、中央縦書きに、金額を書きます。もし、3万円を包むとしたら、「金参萬円」と書きます。「金」という文字と金額は少しだけ離すのがポイント。

最近では略式でもよしとされていますが、できるだけ正式な旧字体で書くことをオススメします。
金額     略式     正式(旧字体)
5,000円   金五千円   金伍阡円
10,000円   金一万円   金壱萬円
20,000円   金二万円   金弐萬円
30,000円   金三万円   金参萬円
50,000円   金五万円   金伍萬円
100,000円  金十万円   金拾萬円

中袋の裏側に書くこと

中袋の裏側には住所と氏名を書きます。最近のご祝儀袋に同封されている中袋には、すでに記述する欄が印刷されているものが多いので、その場合は該当する箇所に記入すればOK。
当日たくさんの方が出席することを考えると、新郎新婦側としては、中袋にしっかり住所、氏名、金額が書いてあると、整理しやすく大助かり。ちなみに、郵便番号も書いておくとより親切!

「金○○円也」という書き方をする方も多いかと思いますが、実は、「也(なり)」を付けるのは、10万円以上の高額な金額の場合のみ。10万円未満の場合は、書かないほうがベター。

中袋への記入が終わったら、お札を入れます!

入れ方はこちら知ってましたか?ご祝儀袋へのお札の入れ方

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる