1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. ブライダルフェア
  4. 結婚式場の見学ならフェアを活用しなきゃ損!抑えておきたいフェアの種類と内容
結婚式場の見学ならフェアを活用しなきゃ損!抑えておきたいフェアの種類と内容

結婚式場の見学ならフェアを活用しなきゃ損!抑えておきたいフェアの種類と内容

結婚式の準備って大変!決めなければいけないことや、次々に起こる問題など準備はなかなか難しいですよね。肝心の彼は、協力的じゃない…そんな時に強い味方なのが「ブライダルフェア」。実際に式場に足を運んで見たら彼もきっと乗り気になるはずです。そんなブライダルフェアの楽しみ方や基本的な知識をご紹介します。

結婚式の準備!さてどうする?

結婚式の準備!さてどうする?

プロポーズをされて結婚が決まった時やそろそろ結婚したいなと思っている時、一人で考えてもなかなか前に進めないとお悩みの方もいるでしょう。憧れの式はあるのだけど、イメージしている式に近づけるためにどんな準備を、どのタイミングでしていいのかわからないというのも花嫁となる女性にとって大きな悩みの一つです。

さらに、結婚式の準備に消極的なパートナーの場合には、女性のストレスはより大きいものとなってしまいます。なかなか話し合う機会がなかったり、イメージがわかない男性との共同作業だったりは女性にとっても負担です。そんな行き詰まってしまった時にオススメなのが、ブライダルフェアです。ブライダルフェアとは、実際の結婚式場で開催されている見学会のことで、本番さながらの式や披露宴の様子を見学したり、料理を試食したり、さらには準備に悩んでいる人のために相談会が開かれたりと、結婚式の準備の強い味方となるイベントです。

ブライダルフェアは女性だけのものではなく、最近ではカップルで楽しめる特典もたくさんあります。美味しいコース料理を試食できたり、男性もブライダルスーツを試着できたりと、いつもと違った雰囲気が楽しめ、結婚式に消極的な男性もきっとイメージを持ちやすくなることでしょう。
ちょっと変わったデート感覚で楽しめるので、身構えたり気を張ったりする必要はありません。そんなオススメのブライダルフェアは、事前の準備や知識もとても大切になります。ブライダルフェアの楽しみ方を知って参加してみましょう。

そもそもブライダルフェアって?

そもそもブライダルフェアって?

ブライダルフェアとは、結婚式場となる挙式会場や披露宴会場の雰囲気を事前に見て、感じることができるイベントのことです。インターネットや雑誌の情報ではわからない結婚式場の実際の雰囲気や、スタッフのサービス、そしてゲストに出される料理が楽しめるなど、特典もたくさんあります。ブライダルフェアと一言で言っても、その種類はいくつかに分かれます。

<模擬挙式型>
模擬挙式とはその名の通り、実際に挙式が行われる会場で、ドレスを身にまとった新郎新婦モデルが挙式を実演してくれるブライダルフェアのことです。実際に自分が参列者の目線になって式を見学することで、どんな演出や登場がいいかといったイメージが湧きます。
いまいち実感が湧かないという男性も、本番さながらの式を見れば、気持ちも盛り上がるはずです。

<試食会型>
ブライダルフェアの中で最も人気の高いのが、試食会を兼ねた見学会です。
実際に当日出される料理を無料(または有料)で試食することができます。試食のスタイルはコースやワンプレートなど様々。通常量よりも少量ではありますがフルコースを食べることもできます。
招待客の人にとって、料理はとても印象に残る大事なポイントです。招待客の気持ちになって実際に食べることで、いろいろと気づけることもあるのではないでしょうか。
当日のスタッフさんの雰囲気やサービスも体験することができるのも嬉しいです。

<模擬披露宴型>
次に、先ほどの模擬挙式型と同じく実際の披露宴の様子を味わえる模擬披露宴型。本番さながらの披露宴演出や会場の装飾、コーディネートまで細部を見学することができます。実際に、早朝に行われるブライダルフェアではその日の本番披露宴会場の準備を見ることもできるので、曖昧だったイメージがぐっと形になるかも知れません。

<衣装の試着>
結婚式の準備の中で女性にとって楽しみなのがドレス選び。しかし、様々なタイプがあって悩んでしまう!という方には、衣装の試着もできるブライダルフェアがオススメです。複数の花嫁衣装を着られる絶好のチャンスなので、どんなタイプがいいのかあらかじめ絞った上で参加するとスムーズに行くかもしれません。
女性だけでなく、男性のタキシードも試着できるので、お互いに意見交換するなど男性も楽しみながら参加できるはずです。

<相談会型>
実際にしたい挙式や披露宴の形はいろいろあるけれど、悩みが尽きない!または、何かと気がかりな予算など、結婚式の準備をしていると出てくる疑問や不安のあれこれを専門のプランナーに相談することができます。
演出のアイディアなどプロに話を聞いてみると、悩みも解消できるかも知れません。会場によっては、その場で会場の予約をする(成約する)と割引が適用されるなどといった、当日限定特典を用意しているところもあるので、是非参加してみたいですよね。
有意義な時間にするためにも、あらかじめ、聞きたいことをまとめていくのがオススメです。

<コーディネート見学型>
ブライダル雑誌やSNSなどで披露宴会場のイメージを探しているけれど、いまいちつかめないという方にオススメなのが見学会です。本番同様にコーディネートされている会場を見学でき、会場を飾るお花やテーブルクロス、会場の装飾のテーマなど実際に見ないとわからない細かい部分まで見ることができます。
ある程度、披露宴のイメージが掴めてる人は確認のため、そして、まだなにも決まっていないという人には「こんなイメージいいかも!」という方向性を決めるためにも活用できます。

ブライダルフェアのメリットとは?

ブライダルフェアのメリットとは?

実際に会場まで足を運んで見学するのは、正直時間がかかるし面倒だなという方もいるかもしれません。特に、パートナーとの予定を合わせる必要があるとなかなか踏み出せないという方に、改めてブライダルフェアのメリットをご紹介します。

<結婚式のイメージ作り>
実際に本番さながらの挙式や披露宴を見ることで、今まで曖昧だったイメージや結婚式をするという感覚が明確になります。忙しくてお互いの理想の式や、式そのものの話をすることができなかったふたりにも良いタイミングとなります。
結婚式の準備となると、意見の違いや準備にかけるモチベーションの差でパートナーと喧嘩になりがちです。そうなる前に、お互いの気持ちを盛り上げるためにも、ブライダルフェアを活用するのがオススメなのです。

<美味しい料理を試食・ドレスが試着できる>
ブライダルフェアって退屈かもと思ってしまう方も中にはいるかもしれません。
事前に予約をして朝から出かけ、1日会場を見学…。しかし、美味しい料理やドレス試着など気分が上がるイベントがあると嬉しいですよね。特に、花嫁にとって大事なドレスは、場所によっては試着枚数が限られてしまうなどというところもあります。このタイミングでよりイメージに近いドレスを探せれば、納得した上で決めることができるので安心です。
そして料理の試食は、退屈になってしまいがちな男性の気持ちをぐっと掴んでくれるイベントです。美味しいものを食べれば、準備に時間を取られているという気持ちも薄れるはずです。

<プロに直接相談できる>
何と言っても心強いのが、相談相手がいることです。
実際にイメージが固まっていない方や、最後にこれは悩んでいる!または、全くわからないので最初から話を聞きたいなど状況に応じて経験豊富なプランナーが、ふたりの趣味や希望を聞いて、オリジナル演出を提案してくれます。式場やプランの見積もりもしてくれるので、パートナーの方もここが聞きたい!という前向きな姿勢で臨むことができるはずです。

<無料で参加出来る>
ブライダルフェアの会場にもよりますが、ここまでのサービスは全て「無料」でできるのが最大の魅力です。無料で見学できるところが多いため、準備に消極的な彼を気軽に誘えて、デート感覚で楽しむのも良いかも知れません。
最低でも3つのブライダルフェアを回り、会場を比較、検討して決めるのがオススメです。

乗り気じゃないパートナーを誘う方法

乗り気じゃないパートナーを誘う方法

ブライダルフェアにあまり乗り気でないパートナーにも準備に参加してほしい!という悩みをお持ちの方も多いはず。お金も時間もかかる準備ではなかなか男性は消極的なってしまったり、面倒な気持ちが出てしまったりとなんだかひとりだけで準備してしまって寂しい、もっと協力してほしいと思ってしまいますよね。

そこで、パートナーを参加させる、男性にも嬉しいポイントをご紹介します!

<まずは気軽にデート感覚で誘ってみる>
「ブライダルフェアに行こう!」と誘ってしまうと、なかなか重い腰が上がらないという男性も多く、女性の不満は募ってしまいます。そこで、あえてデートに誘うような感覚で、出かける提案をしてみて、その流れの中で近くでフェアをやっているから立寄ろうと提案してみるのがオススメです。
身構えてしまう男性にとっては気が楽かもしれません。

<美味しいご飯が無料で食べられる!>
普段なかなか食べられない料理を無料で食べられるのは男性にとっても嬉しいですよね。コース料理やワンプレートなどが無料(有料のところもあり)で食べられるのは、フェアに来る特典と言えるでしょう。デート感覚できたなら、ランチ代がお得になるよと彼を説得してみるのも手かも知れません。

<お金の相談をしに行こう>
女性にとって挙式や披露宴は華やかで楽しいものという印象ですが、実際に男性にとっては大金が出ていくので少々不安な部分もあるはずです。彼女が喜んでいるからなかなか言い出せないといったお金の悩みを実は抱えていたりする方もいるはずなので、そこは気を使ってあげるのも手です。その提案として、プロのプランナーにお金の相談をしに行こう!という提案をしてブライダルフェアに誘ってみるのもオススメです。
思っていたよりもお金がかからない、予算内ではどんな式や披露宴が挙げられるのか具体的に数字になってくると実感が湧いてくる男性も多いはずです。

知っておきたい、ブライダルフェア参加の準備

知っておきたい、ブライダルフェア参加の準備

もちろん気軽にまずは参加してみるのもいいのですが、参加が決まったのなら準備も大切です。貴重な休みやふたりの時間を合わせていくので、あらかじめ準備をしておくとスムーズでよりテンポよく結婚式の準備が進められるはずです。
そこで、ブライダルフェアに参加する上で準備しておくと良いことをお伝えします。

<カメラ>
何と言ってもマストなのがカメラです。
実際にイメージが湧いたり、こんな装飾がいいなど具体的な例が見つかったりしたらすぐに写真に撮っておきましょう。そうすることで、後日また打ち合わせの参考にするものが必要な時に使えて便利です。
さらに、当日は主役となるふたりにとって写真を撮ってくれる周りの人からはどんな風に映るのだろうと客観的に見られる良い機会です。
料理の写真などもSNS映えするものなど、二人で話し合いながら進めることができます。

<質問リスト>
全くイメージがない、知識がないという場合にはそのまま行くのも良いですが、ふたりの理想やイメージしているテーマ、または絶対に外せないポイントなどはあらかじめ話し合っておくと良いでしょう。プロのプランナーとの相談時間にも限りがあるため、一から質問をするのはナンセンスです。その場で迷わないためにも、あらかじめパートナーと話し合っておくことも大切です。

<ビジュアルマップ>
ここはこだわりがある!という人のお勧めしたいのがビジュアルマップです。
最近では披露宴会場や装飾サービスの会社、プレ花嫁のアカウントなどSNS上で多くのブライダルイメージを探すことができます。
言葉で伝えるよりも細かな部分が伝わりやすく、またもどかしい思いをしなくて済むので、前もって気になる画像を保存しておくと便利です。言葉では伝わりにくいこともイメージで世界観を伝えることで、プランナーもより具体的な提案をしてくれるでしょう。
SNS以外にも、フリー画像などからも画像を探せば、海外のお洒落なブライダルビジュアルが手に入ります。雑誌を買うよりもコンパクトでリーズナブルなのでオススメです。

<トートバッグ>
気軽にふらっと来てしまったら、資料をどっさりもらって大変に…なんてことにならないためにもあらかじめ、折りたためるトートバッグを用意していくのも大事です。
デートと合わせていくなら、そのあとの予定も考えて、資料を入れられるようなバッグで行くのもオススメです。

結婚式準備の第一歩は、まずはイメージを掴んで気持ちを盛り上げることです。
なかなか腰が重いパートナーを動かすためにも、気軽に参加出来るブライダルフェアはぜひとも活用したいです。インターネットで検索をすれば、フェアの情報や特典などが沢山出てきます。どれに行ったらいいのか迷ったのなら、まずは大きなところから参加してみるのがオススメです。
パートナーと楽しみながら参加できるフェアを見つけてみてはいかがでしょうか。

ブライダルフェアを探している人におすすめ